2018年09月17日

「31文字のせつなさ」 2nd.

鈴木晴香さんの〈現代短歌〉教室「31文字のせつなさ」の2回目を10月7日(日)に開催します。

読むせつなさ 短歌とは何か、その入り口についてお話しします。
作るせつなさ ご提出いただいた短歌をもとに実作に取り組みます。
表すせつなさ 表現すること、人や世界とつながることの魅力に迫ります。

お申し込みの際に自作の短歌を一首お送りください。
お題は「音」です。
「音」という文字が入っていなくても構いません。
「音楽」「低音」「騒音」など熟語を自由に使うことができます。
ご提出がなくてもご参加いただけます。

日 時:10月7日(日)15時~16時30分
参加費:一般1500円、学生1000円
定 員:8人
ご参加を希望される方はinfo@readinwritin.netまで
お名前、ご連絡先を明記してお申し込みください。

【講師プロフィール】鈴木晴香(すずき・はるか) 
1982年東京都台東区生まれ。慶應義塾大学文学部卒。
2012年より雑誌「ダ・ヴィンチ」『短歌ください』への投稿をきっかけに作歌を始める。
2016年、第一歌集『夜にあやまってくれ』(書肆侃侃房・新鋭短歌シリーズ)を出版。
2017年、『早稲田文学増刊 女性号』に短歌連作を発表。
現在は短歌×イラストのギャラリー展示や短歌教室、ポエトリーリーディングなどを行っている。
塔短歌会編集委員。パリ短歌クラブ所属。

2018.09.17. | Posted in news