2019年01月05日

連続講座「ライターという生き方」、始まっています。

第4回講師 神田桂一さん

“こうあらねばならない”ということなど存在しない。

企画の考え方、リサーチの仕方、取材&インタビュー術、文章の書き方、ネタの取り方、本の作り方、売り方……ライターに欠かせない力をどう身に付けたか、どんな方法を取っているかは千差万別だ。

そこで、著名ライターの一人ひとりに、これらの話をしてもらいつつ、その人の強みを重点的に聞く。

どのようにライターになり、現在までどう生き抜いてきたのか。お金論、SNS論……就職本にも転職サイトにも載っていないオリジナルの仕事論である。

※曜日、時間帯はすべて日曜19時〜21時

第1回 2月3日 著書『ウェブはバカと暇人のもの』 講師:中川淳一郎
〜ライターは儲かるのか? 自分の強みをどう気付き、いかに極めるか〜

フリーライター1年目、年収60万円だった中川淳一郎氏は、どのような戦略で年収を増やしていったのか――。そのプロセスを語る。

 絶え間ない努力、方向性、考え方次第で億万長者になる可能性もあるが、同時に様々なことを失い、信じられない扱いを受けることも事実。

 自身の経験を元に、プラスとマイナスの両面からライターという職業を考察する。

第2回 3月3日 著書『全身芸人』『球童 伊良部秀輝伝』 講師:田崎健太
〜勝新太郎、三浦知良の父…クセ者である取材対象者にどう近づき、距離感を保つか〜

いかに、取材相手から話を引き出せるかによって、原稿の出来は大きく左右される。

 心を割って話してくれる人もいれば、難攻不落の人もいる。

 31歳の時に大手出版社を退職し、フリーに転身した田崎健太氏は勝新太郎、長州力、佐山サトル、伊良部秀輝など一般的に気難しいと考えられている人たちの懐に入り込み、今まで明らかになっていなかった一面を掘り下げた。

 どのように、取材の下準備やインタビューをし、原稿にまとめているのか。

 なぜ、一分野に留まらず、多岐に渡って質の高い本を出版し続けられるのか。

 普段の心掛けやノンフィクションを書く際の留意点、取材対象者との関係性の築き方、距離の取り方、取材費用などについて具体的なエピソードとともに語る。

第3回 3月17日 著書『パンチラ見せれば通るわよっ!― テレビ局就活の極意』講師:霜田明寛
~完全なフリーで生きる道を選ぶか、会社員とライター活動で相乗効果をもたらすか〜

「学芸大学附属高校→早稲田大学→起業→芸人→無職→ホスト→会社員」という謎の経歴。

『パンチラ見せれば通るわよっ!― テレビ局就活の極意』という突飛な書籍タイトル。

 “ジャニオタ男子”“ミスキャンパス評論家”“就活講師”という見慣れない肩書き。

 不思議な呼称ばかり並んでいる彼は一体、何者なのか――。

 『パンチラ~』をはじめ20代で3冊の就活本を出版した霜田明寛氏は現在、会社では“永遠のオトナ童貞のための文化系マガジン・チェリー”の編集長を務めながら、フリーライターとしても活躍している。

 アクの強い肩書きのイメージとは裏腹に、日々懸命に働いているのだ。

 正社員で自分のメディアを持つという立場を得ながらも、フリーランスとしても執筆・講演・司会etc…と自由に活動するという人が羨むような状況を、どのようにして手に入れたのか。そして、両立するコツは何か。

 会社とフリーの良い面を存分に生かしながら、働き続けるヒントを彼の中に探る。

第4回 4月7日 著書『もし文豪たちが カップ焼きそばの作り方を書いたら』 講師:神田桂一
〜ライター界のルビー・モレノがベストセラーを出すに至るまで〜

モットーは“自分がやりたい仕事しかやらない”――。

 『もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら』(宝島社)という累計17万部のベストセラーを生んだ神田桂一氏の執筆活動は、カルチャー誌『POPEYE』から週刊誌『女性自身』まで多岐に渡る。

 大学卒業後、一般企業を1年3ヶ月で辞めた神田桂一はどのような道程を経て、自分の好きなことを仕事にしたのか。ベストセラーを生んだキッカケや仕事の守備範囲を広くする方法を伝授する。

 

第5回 4月28日 著書『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979-2018』 講師:岡野誠
〜どう調べるか…ネット万能説のウソ 取材前のリサーチにおける雑誌と書籍の違い〜

第6回 5月12日 著書『吹部!』『白球ガールズ』 講師:赤澤竜也
〜風俗経営からトラック運転手、週刊誌記者を経て、小説家へ転身した男の告白〜

第7回 6月9日 週刊誌記者の情報収集術 講師:現役記者
〜ネタ探し、張り込み、直撃…スクープはどう生まれるか〜

第8回 6月30日 著書『発達障害グレーゾーン』講師:姫野桂
〜編集者のセクハラをどう切り抜けるか〜

第9回 7月21日 著書『パリのすてきなおじさん』講師:金井真紀※内容未定

第10回 8月11日 著書『タモリ学』『笑福亭鶴瓶論』講師:てれびのスキマ/戸部田誠  ~35歳で会社員を辞めてライターとして独立……趣味をどう仕事にしたのか?~


※講師、内容は変更になる場合があります

 
参加費1回3000円(10回一括申し込みは2万5000円)                 

ご参加をご希望の方はお名前、連絡先を明記のうえ、info@readinwritin.netまでお願いします。

2019.01.05. | Posted in news