2019年06月01日

『ぼくらのDIYパブリッシャー論』

『LOCKET』 第3号 &『パリのガイドブックで東京の町を闊歩する 1』刊行記念トークを開催します。

独立系旅雑誌『LOCKET』の発行・編集人の内田洋介さんと『パリのガイドブックで東京の町を闊歩する』著者で代わりに読む人代表の友田とんさん。

スタイルは異なれど、ほとんどひとりで雑誌・本を作り、読者に届けようとしている二人が、本を作りはじめた動機、本でなくてはならない理由、本を通じてやろうとしていること、本の作り方、届け方、そして今後について語り合います。

日 時:2019年7月13日(土)1830開場/1900開演

会 場:Readin’Writin’ BOOKSTORE(東京メトロ銀座線田原町駅徒歩2分)

参加費:1000円

ご参加をご希望の方は、お名前、連絡先を明記のうえ、readinwritin@gmail.comまでお願いします。

【プロフィール】

内田洋介(うちだ・ようすけ)『LOCKET』編集発行人。編集者。出版社を経てフリーランスとなり、鎌倉を拠点に出版編集活動を継続。3月に刊行した最新の第3号は、全国約60軒の書店に展開中。取材、撮影、執筆、編集、流通を個人で一貫して行っている。

友田とん(ともだ・とん)ひとり出版レーベル「代わりに読む人」代表。作家。著書に『『百年の孤独』を代わりに読む』『パリのガイドブックで東京の町を闊歩する』(代わりに読む人)。H.A.BookstoreのPR誌「H.A.Bノ冊子」に妄想エッセイ「本屋に行く」を連載中。

2019.06.01. | Posted in event