2019年10月11日

『時が止まった部屋 遺品整理人がミニチュアで伝える孤独死のはなし』(原書房) 刊行記念トークイベント

若き遺品整理人はなぜ孤独死の現場のミニチュアを作り続けるのか。

なぜこの仕事を選んだのか。

現場やミニチュアの解説をしながら、遺品整理人でしか知りえないことなどをお話します。ミニチュアや本の制作秘話や、本には書けなかったことも。

また、エンディング産業展以外では展示することにないミニチュアを間近でご覧いただける貴重な機会です。

ゲスト:著者 小島美羽(遺品整理人)

聞き手:原書房担当編集者

日 時:2019年11月10日(日)19時開演(18時半開場)

会 場:Readin’Writin‘ BOOKSTORE

参加費:1500円

小島美羽(こじま・みゆ) 1992年、埼玉生まれ、2014年より遺品整理クリーンサービス(株式会社ToDo―Company)に所属し、遺品整理やごみ屋敷の清掃、孤独死の特殊清掃に従事する。孤独死の現場を再現したミニチュアを2016年から独学で制作開始し、国内外のメディアやSNSで話題となる。

2019.10.11. | Posted in news